<< 蝉のテンションメガMAX | main | 夏・合・戦・情・報 >>

スポンサーサイト

2012.06.16 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

昔はあこがれたものです

2011.07.23 Saturday
 忍者になることに。
専門の時の就職でリアルに在ったしな、しかしその時は違うものになりたかったんだ。

というわけでなんだかお久しぶりです。
忍玉映画行ってきました!!
原作てやった回を映画版としてくづしたものだったのですが・・・。

以下ネタばれ注意↓
 皆さん知っての通りとにかくキャストが豪華ですよね!ここは一般向けですが。

金吾が土井先生へのお土産って、始めて忍玉観た人どう思うんだろう・・・金吾かあいい。
照星さんの再現すごいマジ実写、そしてお美しいうえに何故か声にエコー入ってる・・・?編集スタッフわかってるじゃねーか!!照星サン照星さん!!

よしろうさんふつうにいけめん

そしてなんと言っても孝幸様である。
親子そろって服のセンス半端ナイ、部屋の装飾ぶれない、顔はそのまま二次元が出てきたかのようにカッコイイ!!何気に歌がうまい。

なんかもう全体的に真剣に見るもんじゃない、皆で笑いながら見る感じの映画だった。
そんで6年柄悪い。何か昔のヤンキーみたい?仙蔵のみ一瞬で識別可能。

忍玉知らない人でも割と楽しめる作品でした、が。
髪形とか服装が同じになっちゃうから人間の顔見分けられない人はだれがどの子かわからなくなりますねー。自分も原作知らなかったら11人も見分けランないし、他の年なんてわからないだろうな。とは思いました。
なのであの映画は忍玉を見るんじゃなくて豪華キャストが忍者の格好するえいが、として見ると良い様な気がします。

作品としては面白かったですよ!


スポンサーサイト

2012.06.16 Saturday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 16:38
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
PR
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
たまにつぶやき
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」